卒乳後にバストの張りがなくなる原因は女性ホルモンの減少だった!

卒乳後に低下した女性ホルモンのグラフ

この記事では、卒乳後にバストの張りがなくなる原因と対策についてご紹介します。

卒乳すると急にバストの張りがなくなって、しわくちゃなおっぱいになってしまい悩んでいませんか?

結論から言うと、卒乳後にバストの張りがなくなるのは女性ホルモンが減少していることが主な原因なんです。

ですので、卒乳後は女性ホルモンを元に戻すことで、バストの張りも取り戻すことができるということになります。

今回は卒乳後にバストの張りがなくなってしまう原因の一つである女性ホルモンの減少について詳しくご紹介していきます。

もちろん、減少してしまった女性ホルモンを復活させる方法についてもご紹介します。

この記事を読んでいただくことで、張りがなくなってしまったバストを取り戻し、見違えるようなおっぱいを手にいれることができますよ。

ぜひ最後までお読みいただき、誰に見せても恥ずかしくない、自慢のバストを手に入れてくださいね。

卒乳後は女性ホルモンが減少し、バストの張りがなくなってしまう!?

卒乳後に胸がしぼんだ女性

冒頭でもお伝えした通り、卒乳後は女性ホルモンの減少によって、バストの張りがなくなってしまいます。

ただ、女性ホルモンといっても色んな種類がありますし、あまり詳しくわからないですよね。

妊娠~卒乳後までの間で関わってくる女性ホルモンは主に3つあります。

それは…

  • エストロゲン
  • プロゲステロン
  • プロラクチン

この3つです。

妊娠中はこの3つのホルモンが急上昇するので、訳わかんないくらい爆乳になりますよね(笑)

ただ、卒乳するとこの3つのホルモンが非常に低い状態になってしまうので、バストの張りもなくなってしまうんです。

エストロゲン

女性には月経→卵胞期→排卵→黄体期→月経…といった生理周期があります。この生理周期によって分泌されるホルモンの量も変わってくるんです。

エストロゲンは卵胞期に分泌されることから、卵胞ホルモンとも呼ばれています。

このエストロゲンが増加することで…

  • おっぱいが大きくなりハリが出てくる
  • 生理周期も安定して妊娠しやすくなる
  • 精神的にも落ち着いてイライラしにくくなる
  • 肌にツヤとうるおいが出てきて調子良くなる
  • 代謝も良くなり痩せやすい体になる
  • 髪にツヤが出てきて美髪になる
  • 体が軽くなった気分で、毎日スッキリする

といったように、女性らしい身体を作ってくれるんです!魅力的な効果ばっかりですよね!

美容効果があるので、「美容ホルモン」といった別名もあるくらいなんです。

ただ、エストロゲンは出産を期に急降下してしまいます…。

産後の女性ホルモンは急降下

これは出産後に授乳をするためなので仕方ありません。

大事なのはこの低下してしまったエストロゲンをいかに早く復活させるかが重要なんです。

エストロゲンが低下したままですと…

  • バストの張りがなくなる
  • 生理不順、無月経などが起こる
  • イライラしてくる
  • 肌の調子が悪くなる
  • 代謝が低下し太りやすくなる
  • 髪のツヤがなくなってくる
  • 体がだるくなったりする

このような影響が出てしまいます。

もちろんバストアップをするのも難しくなってしまうので、卒乳後はいち早くエストロゲンを復活させることを意識しましょう!

それだけで十分にバストの張りを取り戻して、卒乳後とは思えないおっぱいを手にいれることができますよ。

プロゲステロン

プロゲステロンは生理周期でみると黄体期により多く分泌されるホルモンですので、黄体ホルモンと呼ばれています。

プロゲステロンの効果としては、

  • 乳腺を発育させる
  • 基礎体温を上げる
  • 子宮内膜を厚くする
  • 子宮内膜のコンディションを整える
  • 体脂肪の減少
  • 他のホルモンバランスの調整
  • 食欲増進

といったように、主に妊娠の準備に関わるホルモンでもあります。

プロゲステロンには乳腺を発育させる作用がありますので、バストアップにも繋がるというわけなんです。

生理前ってなんだか胸が張った感じがしませんか?

あれはプロゲステロンが多く分泌して、乳腺を発達させているからなんです。

ただ、プロゲステロンも残念ながら出産後は急降下してしまいます。

乳腺を発育させるのに重要なプロゲステロンも急降下してしまうと、バストの張りもなくなってしまいます。

ですので、プロゲステロンもエストロゲン同様にしっかりと復活させた方が、バストの張りを戻すのには重要となります。

プロゲステロンを増加させる→乳腺が発育する→周りに脂肪がつく→バストアップ!

といったようになりますので、プロゲステロンを増加させることが卒乳後のバストの張りを戻すのに重要である、と覚えておいてくださいね。

プロラクチン

授乳でおっぱいが下向きになってしまう

プロラクチンは母乳分泌に関わるホルモンで、出産後に多く分泌されるホルモンです。出産後はこのプロラクチンのおかげで母乳が出てくるようになります。

このプロラクチンにも乳腺を発達させる作用があります。

出産後はエストロゲンやプロゲステロンが低下した状態ですが、プロラクチンは母乳分泌に必要ですので、授乳中もおっぱいは小さくなりませんよね。

このプロラクチンの作用としては、

  • 乳腺を発達させる
  • 母乳を作り分泌させる
  • 子宮収縮を促す
  • 排卵を抑制する

このように、主に妊娠や出産後に多く分泌されるホルモンです。

ですので、授乳が終わると母乳を出す必要がなくなるので、徐々にプロラクチンも減少していきます。

プロラクチンが減少することで、卒乳後のバストの張りがなくなる原因にもなります。

ただ、このプロラクチンは妊娠・授乳中ではないのに高くなりすぎてしまうと「高プロラクチン血症」と診断されてしまいます。

高プロラクチン血症になってしまうと、月経不順になったり、無排卵月経などを起こしてしまうことがあります。

ですので、卒乳後のバストの張りを取り戻すには、プロラクチンよりも、エストロゲンとプロゲステロンを高めていくことが大切です。

エストロゲンとプロゲステロンをしっかりと高めることで、女性らしい身体を取り戻し、ふわふわで張りのあるバストを手にいれることができますよ。

効率的にエストロゲンとプロゲステロンを高めて、卒乳後のバストの張りを取り戻し大きくする方法

卒乳後でもバストの張りを取り戻す

卒乳後はエストロゲンとプロゲステロンを高めることが、バストの張りを取り戻すのに重要でしたね。

では、どうすれば効率的にエストロゲンとプロゲステロンを高めることができるのでしょうか?

  • イソフラボンを摂取する
  • 睡眠をしっかりとる
  • 生活習慣を改善する
  • ストレスを溜めない
  • 体を冷やさない
  • 体を積極的に動かす
  • 趣味などで新しいことに挑戦する

などなど、様々な方法があります。

上記のことは非常に大切で、エストロゲンとプロゲステロンを増やすための基本的なことです。

ですが、さらに効率よくエストロゲンとプロゲステロンを増やす方法があります。

それは『生理周期に合わせてサプリメントを飲み分ける』という方法です。

女性には、

月経→卵胞期→排卵→黄体期→月経…

といった生理周期があるとお伝えしましたよね。

で、エストロゲンは卵胞期に多く分泌され、プロゲステロンは黄体期に多く分泌されるとご紹介しました。

女性ホルモンと生理周期

なので、卵胞期にはエストロゲンを高めてくれるサプリメント、黄体期にはプロゲステロンを高めてくれるサプリメントを飲み分けることで、効率よく2つのホルモンを増やしていくことができるんです。

「でも、そんなサプリメントを飲み分けるなんて…どうしたらいいの?」

と思いますよね?

実は、女性ホルモンのリズムに合わせて2種類のサプリを簡単に飲み分ける方法があるんです。

それは・・・

 

 

LUNA(ルーナ)』というバストアップサプリを飲めばいいだけなんです。

LUNAは女性ホルモンのリズムに合わせて、2種類のサプリメントが用意されている、いま非常に話題のバストアップサプリです。

LUNA 2種類のバストアップサプリ

エストロゲンが多く分泌される卵胞期には『きらきら期』というサプリを、プロゲステロンが多く分泌される黄体期には『まったり期』というサプリを飲み分けられるようになっています。

この2種類のサプリがあるおかげで、女性ホルモンのリズムに合わせて飲み分けることができるので、身体への負担が少なく、バストに張りを取り戻すことができるんです。

LUNAの特徴や概要について下記の表にまとめました。

LUNA(ルーナ)
LUNA バストアップサプリ

【LUNA(ルーナ)の特徴】

2つのサプリで女性ホルモンのリズムに合わせて使い分けができる点が最大のメリット!卵胞期には「きらきら期」、黄体期には「まったり期」というサプリを飲むことで適切なタイミングで必要な栄養素が摂取できます!ホルモンバランスに合わせてサプリを摂取することで、体への負担を軽減しながらバストアップすることが可能!

【LUNA(ルーナ)のポイント】

  1. 2種類のサプリが用意されているので、女性ホルモンのリズムに合わせてバストアップができる!
  2. プエラリア・ミリフィカの配合量がタイの基準に合わせた100mg/日なので、副作用の心配が少ない!
  3. ワイルドヤムとチェストツリー配合で女性ホルモンのバランスを整える!
  4. エラスチンとビオチン配合でハリのあるバストをキープ!
  5. 植物発酵エキス、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸、ザクロ果汁といった美容成分もたっぷり配合!
  6. 2016年モンドセレクション金賞を受賞!
  7. LUNAダイアリーで自分のサイクルをチェックできる!
  8. 90日間全額保証つき!
  9. 毎月先着200名限定で78%OFFの8980円→1980円(税別)!
総合評価 [star5]
初回価格 毎月先着200名限定1980円(税別)
プエラリアの含有量 100mg/日
容量/飲み方 28粒+28粒/1日2粒

 詳細ページはこちら  公式サイトはこちら 

卒乳後になくなってしまったバストの張りはLUNA(ルーナ)で取り戻そう!

卒乳後にバストの張りを取り戻す

今回は卒乳後にバストの張りがなくなってしまう原因として、女性ホルモンの減少であるとご紹介しました。

卒乳後はエストロゲン、プロゲステロン、プロラクチンといった女性ホルモンが減少してしまいます。

その中でも、卒乳後はエストロゲンとプロゲステロン、この2つのホルモンを増加させることでバストアップすることができるんです。

この2つのホルモンを効率よく増加させるには、女性ホルモンのリズムに合わせてサプリメントを飲むことがオススメ。

それを簡単に叶えることができるのが、『LUNA(ルーナ)』というバストアップサプリです。

LUNAには女性ホルモンのリズムに合わせた2種類のサプリメントが用意されているので、飲み分けも簡単。

女性ホルモンのリズムに合わせて飲み分けることで、副作用も少なく、バストアップの効果をより一層高めてくれます。

ぜひあなたもLUNAを飲んで、卒乳後になくなってしまったバストの張りを取り戻してくださいね。

LUNAを飲むことで、張りがあるのに柔らかい理想的なおっぱいになっていきますよ!

卒乳後とは思えない自慢のバストを手に入れて、イキイキとした毎日を過ごしてくださいね♪

 詳細ページはこちら  公式サイトはこちら 

関連記事

バストアップサプリ

【2018年最新】卒乳後に効くおすすめのバストアップサプリランキング

卒乳後とエストロゲン

卒乳後はエストロゲンを高めてバストアップしよう!その方法とは?