卒乳後の胸の形はイソフラボンで元に戻せる!簡単にできる摂取方法とは?

卒乳後の胸に対するイソフラボンの効果

「私のおっぱい、いつの間にかこんなしわしわになってる…」

卒乳すると、びっくりするくらい胸がしぼんでしまいました。

昔はDカップくらいあったのに、卒乳したらギリギリBカップくらいになってしまい、かなり落ち込みました…。

ところが、たまたまTVでイソフラボンという成分がバストアップに効果があって、胸のハリを元に戻すことができる、というのを見てイソフラボンを摂取しまっくったところ・・・

ギリギリBカップだったのが、余裕のEカップになり、ふんわりと柔らかいバストを手に入れることができたんです。

そこで今回の記事では、

  1. イソフラボンのバストアップ効果
  2. イソフラボンが多く含まれる食材
  3. イソフラボンをしっかり摂れる簡単おすすめレシピ

についてご紹介していきます。

あなたも、もし卒乳後で自分の胸に自信をなくしてしまっているのであれば、ぜひイソフラボンを摂取するように意識してみてください。

イソフラボンを摂取することで、

  • 卒乳後にしぼんでしまった胸が嘘のように復活していく
  • ハリとツヤのあるおっぱいを手に入れることができる
  • 自分の胸に自信を持つことができる
  • 身近な友達やママ友からおっぱいを褒められる
  • 旦那さんも喜び、関係が良好になる

などなど、こんなにたくさんのメリットがあるんです。

ぜひ積極的にイソフラボンを摂取していただき、理想的なバストを手に入れてくださいね。

卒乳後の胸を元に戻すイソフラボンのバストアップ効果

イソフラボンのバストアップ効果

イソフラボンとは、主に大豆に含まれている成分のことで、実はポリフェノールの一種なんです。

その構造が女性ホルモンのエストロゲンに似ているので、女性ホルモンを整えることができ、バストアップ効果に繋がります。

卒乳後は女性ホルモンが

バストアップ効果以外にも、

  • 若々しくツヤのある肌を作る
  • 骨粗しょう症を予防
  • 抗酸化作用
  • 動脈硬化の予防
  • 自律神経を整え、イライラ予防
  • 育毛・美髪効果
  • 冷え性改善
  • むくみ解消

などなど、たくさんの嬉しい効果があるんです。

また、イソフラボンは女性ホルモンと同様の作用があるので、乳腺細胞を増やすという働きもあるんです!

『イソフラボンを摂取→乳腺細胞が増える→バストアップに繋がる』

という流れができますので、イソフラボンを摂取することは、バストアップに直接繋がるということなんです。

イソフラボンを摂取するだけでバストアップに繋がるなんて最高ですよね!

卒乳後に胸がしぼんで小さくなっているのであれば、ぜひイソフラボンを積極的に摂取してみてください。

そうすれば、卒乳後の胸でも元の大きさに戻すことも十分にできますし、弾力があって柔らかいおっぱいを手に入れることができます。

おっぱいの形も整ってきて、憧れの美乳にもなれますよ。

イソフラボンが多く含まれる食材

イソフラボンが多く含まれる食材

バストアップにとってもいいというイソフラボンですが、どんな食材に多く含まれているのでしょうか?

先ほども書きましたが、イソフラボンは大豆に多く含まれてい成分です。なので、大豆由来の食品に多く含まれます。

また、イソフラボンの摂取目安はだいたい1日50〜70mg程度です。

50〜70mgのイソフラボンを摂取できる食品は以下の通りです。

  • 納豆・・・1パック
  • 豆乳・・・1パック(200ml)
  • 豆腐・・・1丁(300g)
  • 油揚げ・・・3枚
  • きなこ・・・大さじ5杯

そのほかにも、

  • 味噌
  • 醤油

といった調味料にも含まれております。

一番簡単に摂取できるのは、納豆と豆乳です。

イソフラボンを摂取するには納豆と豆乳

私も朝に納豆ごはんを食べて、昼に豆乳1パックを飲むようにしていたので、十分にイソフラボンを摂取できていたと思います。

こんなに簡単に摂取できて、さらに卒乳後の胸にもいい効果があるなんて、摂らない理由がないですよね!

私も豆乳や納豆を積極的に摂取してきたことで、卒乳後にしわしわになってしまったおっぱいを取り戻すことができました。

さらに、おっぱいの形も良くなってきたんです。

おっぱいが大きくなって、形も良くなってくると、本当に自分の胸に自信を持つことができて、毎日明るく過ごすことができたんです。

それまでの私は、卒乳後でしわくちゃになった胸を見てかなり落ち込んでいました…。

ですが、『卒乳後に小さくなった胸を元通り以上に大きくさせた方法をすべて書く』でも紹介したとおり、あらゆる方法を試した結果、バストを元通り以上に大きくさせることができたんです。

中でも、イソフラボンはとても効果が高かったです。

ぜひあなたも、イソフラボンを積極的に摂取して、ふわふわでツヤのあるおっぱいを手に入れてくださいね。

イソフラボンをしっかり摂れる簡単おすすめレシピ

卒乳後のイソフラボンを摂取するレシピ

ただ、豆腐や納豆、豆乳ばかりを食べたり飲んだりしていたら、正直飽きてきちゃいますよね…。

私も正直飽きました(笑)

そこで、イソフラボンをしっかり摂取できて、簡単なレシピをいくつか考えて、それをローテーションしていました。

そうすれば飽きることもなく、イソフラボンもしっかり摂取できたので、とてもおすすですよ。

私が考案した、イソフラボンをしっかり摂れる簡単おすすめレシピを紹介しますので、ぜひ作ってみてください。

イソフラボンをしっかり摂れる簡単おすすめレシピ①納豆冷奴

納豆冷奴

まずおすすめしたいのが、納豆冷奴です。

これは豆腐に納豆をかけるだけなので、本当に簡単なのですが、納豆と豆腐のダブルでイソフラボンを摂取できるので、バストアップ的にもとてもおすすめです。

副菜にもぴったりなので、食卓に食事を並べたときのバランスもいい感じになりますよ。

用意する材料ですが、

  • 絹ごし豆腐・・・1/2丁
  • 納豆・・・・・・1パック
  • 刻みネギ・・・・お好みで
  • かつお節・・・・お好みで
  • しょうが・・・・お好みで
  • しょうゆ・・・・大さじ1
  • 白だし・・・・・大さじ1

作り方は簡単で、納豆を混ぜて豆腐の上にのせるだけです。

お好みで、刻みネギやかつお節、しょうがをのせて、しょうゆや白だしをかければ完成です!

とっても簡単ですし、卒乳後で久しぶりにお酒を飲めるようになったときのつまみに最高ですよ!

イソフラボンをしっかり摂れる簡単おすすめレシピ②豆乳コンソメスープ

豆乳コンソメスープ

豆乳はイソフラボンを摂取するのにはもってこいなのですが、毎日豆乳を飲むのも飽きてしまいますし、普通の豆乳ってあまり美味しくないですよね…。

そこでおすすめなのが、豆乳コンソメスープです。

コンソメスープにすることで、味も美味しくなりますし、しっかりとイソフラボンも摂取できます。

豆乳のスープなので、食卓もちょっとおしゃれに見えますよ。

ぜひ豆乳コンソメスープを作ってみて、卒乳後のおっぱいを柔らかふわふわおっぱいに復活させてみてくださいね。

豆乳コンソメスープの材料と作り方はこちらです。

材料

  • 玉ねぎ・・・・・・1個
  • ウィンナー・・・・1本
  • ブロッコリー・・・1株
  • 豆乳・・・・・400cc
  • 塩こしょう・・・・少量
  • オリーブオイル・・少量
  • コンソメ・・・小さじ3

作り方

  1. 玉ねぎ、ウィンナー、ブロッコリーをお好みのサイズに切る
  2. 鍋にオリーブオイルしき、玉ねぎとウィンナーを軽く炒める
  3. 塩こしょうを振り、豆乳を入れて煮る
  4. コンソメとブロッコリーを入れて完成

こちらも簡単にできますし、イソフラボンを十分摂取できますので、ぜひ一度作ってみてくださいね。

卒乳後のおっぱいはイソフラボンで復活させよう!

いかがでしたか?

今回は、

  • イソフラボンのバストアップ効果
  • イソフラボンが多く含まれる食材
  • イソフラボンをしっかり摂れる簡単おすすめレシピ

この3点についてご紹介させていただきました。

イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンのバランスを整えることができ、バストアップ効果が期待できます。

イソフラボンは豆腐や納豆、豆乳といった大豆由来の食品に多く含まれていますので、ぜひこれらの食品を摂るように意識してみてください。

中でも、納豆冷奴と豆乳コンソメスープは作るのも簡単で、イソフラボンもしっかりと摂取することができるので、とてもおすすめです。

イソフラボンを摂取することで、あなたの卒乳後の胸がハリと弾力のある理想的な胸になっていきますよ。

あなたの胸がより一層自信の持てる胸になっていくことを、心より祈っております。

関連記事

関連記事がありません。